タグ:ほぼ日IGフォトノート

  • ラテンノーツ: メキシコ、コロニアル都市のファサード

    ほぼ日IGフォトノート: 外壁の塗装の色のズレが気になる!?そんなあなたは・・・

    連続するファサードは、メキシコのコロニアル都市でよく見られる特徴の一つ。隣り合う家は、色の塗り分けで自らの領有スペースを主張します。道路と平行に下部を別の色に塗るのは、泥跳ねなどの汚れによる塗り直しの箇所を限定し、費用を…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ラテンノーツ: プエブラの陶器ショップ

    ほぼ日IGフォトノート: プエブラのタラベラ陶器は認証制!

    メキシコ、プエブラの陶器といえば、植民地時代の初期、16世紀中頃にスペインからもたらされたタラベラ焼き(Talavera)が有名です。 実はこのタラベラ焼きという呼称は、認証を受けた工房の作品だけに認められているもの。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ラテンノーツ: サン・ミゲル・デ・アジェンデの暖色の町並み

    ほぼ日IGフォトノート: サン・ミゲル・デ・アジェンデの黄色い町並みの背景

    イエローやオレンジ、レッドなどの暖色に彩られた街といえばサン・ミゲル・デ・アジェンデ。 もともとこの地域では、近郊で採掘されるピンク色の切り石 (Cantera Rosa) が古くから使われ、中世のコロニアル建築の外壁…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ラテンノーツ: メキシコの工芸品アマテ紙

    ほぼ日IGフォトノート: メキシコのオトミ族がつくる一級のパペル・アマテ

    メキシコのオトミ族がつくる伝統的な紙、アマテ紙(パペル・アマテ) 。 原料はイチジクの木などの樹皮で、スペインによる征服以前のプレヒスパニック時代に作られていました。スペインの支配下では生産が禁止され、ヨーロッパ式の紙…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る