ワイナリー併設のホテル「エンクエントロ・グアダルーペ」で出会う新しいメキシコ

コンテナハウスを使った客室

メキシコのバハ・カリフォルニア州にある一大ワイン生産地、バジェ・デ・グアダルーペにあるホテル「エンクエントロ・グアダルーペ」。ワイナリー併設のコンセプチュアルなデザインホテルです。ブドウ畑の広がる風景とホテルのモダンでミニマルなデザインが相まって、従来のメキシコのイメージと異なった新しいメキシコを体験することができます。

 

ホテルのレセプションと直結するレストランのテラスからは、ブドウ畑の広がる美しい景色を一望でき、まるでヨーロッパのワイナリーにいるかのような錯覚を覚えます。ホテルの宿泊客に提供されるウェルカムドリンクを片手に、まずはこの景色をゆっくり堪能してみてはいかがでしょう。

 

このホテルの特筆するべき点は客室のユニークさにあります。この丘稜地帯に点々と建つコンテナハウスがホテルの客室。丘の上の客室から麓のレセプションまでの往復は専用のミニバスで送迎してもらいます。

 

室内はモダンでミニマルなデザインで、各客室の外にはバルコニーとチムニーがついています。夜はチムニーに火をくべながら、ワインを楽しみつつ星空を眺めるという、とびっきり贅沢な時間を過ごすことができます。

 

丘の上には、宿泊者のみが訪れることができる美しいプライベートプールと素敵なレストランがあります。日差しを楽しみながらのブランチは格別!

 

レセプションと併設のレストランでは、このワイナリーのワインはもちろん、近くにある漁港エンセナーダから送られる新鮮な海の幸を味わえます。

レストランとレセプションの下階にはワインの貯蔵庫があり、内部の見学も可能です。また、ここでは宿泊者はこのワイナリーで作られたワインを無料で試飲することができます。

 

設計はティファナを拠点に活躍するメキシコ人建築家、ホルヘ・グラシア(Jorge Gracia)。ローカルの素材や建築文化、経済などを反映した建築デザインを行い、近年はプレ・ファブリック(予め製作された)建築物に着目をしています。彼は、ティファナに建築学校を設立し、若者の教育にも力を入れています。

 

従来のメキシコらしからぬ、ユニークで素晴らしい体験をしたいあなたにおススメのホテルです。

 


■ 基本情報

  • 名称:エンクエントロ・グアダルーペ (Encuentro Guadalupe)
  • ジャンル:ラグジュアリーホテル、デザインホテル
  • 場所:バジェ・デ・グアダルーペ
  • 住所:Carretera Tecate Ensenada Km 75, Valle de Guadalupe, Valle de Guadalupe 21720, Mexico
  • URL:http://www.grupoencuentro.com.mx
  • Trip Advisor:ココをクリック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Expedia Japan【エクスペディア】ダイナミック海外ツアー★ツアー通常バナー★

関連記事

ページ上部へ戻る