【図解】これがメキシコのタコスだ!¡VIVA TACOS VIVA!

クリックすると拡大できます

世界中でヒットの兆しが見えつつあるメキシコ料理。日本でもじわじわとブームの波が押し寄せています。

有名なメキシコ料理といえばタコス(Tacos)を思い浮かべる人も多いはず。タコスを提供するファストフードチェーン「タコベル(Taco Bell)」がオープンした際はかなり話題になりました。でも、ちょっと待って下さい。それって本当にメキシコのタコス・・・?

今回は「これがメキシコのタコスだ!」をテーマにノート。奥深いタコスの世界に一歩踏み入れるきっかけになればと思います。

タコス比較!メキシカンスタイルvsアメリカンスタイル

メキシコのタコスの基本形は、トルティージャ(Tortilla)と呼ばれるトウモロコシ粉の薄焼きパンに、肉や野菜などの具材を乗せ、さらにお好みでソース(Salsa)などをトッピングするもの。メキシコの主食でもあるトルティージャは、トウモロコシ特有の香りがあり、食感は少しポソポソしています。既に具材が乗っているタコスを食べることもあれば、メイン料理にトルティージャがついてきて、自分でタコスを作ることもあります。

一方、お隣アメリカ合衆国のタコスは、メキシコとは一風異なるスタイル。トルティージャはU字型にフライされパリッとした食感に。堅いアメリカンスタイルのトルティージャをハードシェル、フライせずに焼いただけの柔らかいメキシカンのものはソフトシェルとも呼ばれます。具材には、フレッシュレタスやチェダーチーズなどを用いるのが一般的。これらは、もともとメキシコ領だったテキサス州で、メキシコ料理をルーツに独自の料理として発達した「テックス・メックス(Tex-Mex)」スタイルと呼ばれます。

タコベルは、実はメキシコではなくアメリカ初のテックス・メックスフードのチェーン。テックス・メックスというと、「メキシコもどき(=本物ではない)」という否定的な意見もありますが、これはこれで別物としてとっても美味しい!というのが個人的な感想です。

青色のトルティージャ!?トルティージャのいろいろ

古来からトウモロコシを食べてきたメキシコ。メキシコで栽培されるトウモロコシの種類は幅広く、中には青紫色のトウモロコシもあります。そんな青紫色のトウモロコシから作られるトルティージャは、青緑のような何とも不思議な色合いに。メキシコで一般的に使われる白色トウモロコシのトルティージャより、良質なプロテインを豊富に含んでいるのだそうです。

特に北部では、トウモロコシ粉(Maiz マイス)ではなく小麦粉(Harina アリーナ)で作られたトルティージャも良く食べます。そのため、レストランなどでは、タコスを注文すると「De maiz, o de harina? 」と、どちらのトルティージャにするかを大抵尋ねられます。小麦粉のトルティージャは、トウモロコシ粉特有の香りはなく、また、食感が比較的モチモチとしています。

自由なトッピングもタコスの楽しみ

自分好みの味わいをトッピングできるのもタコスの楽しみのひとつ。青唐辛子のサルサ・ベルデ、赤唐辛子のサルサ・ロサ、みじん切りのフレッシュトマトが入ったピコ・デ・ガジョなど、ピリッと辛味の効いたソースをお好みでかけてみましょう。水にさらしたタマネギやコリアンダー(パクチー)のみじん切り、栄養たっぷりのアボカドもトッピングにぴったり。最後にライムをキュッと絞って頂くのがメキシコ流です。

ソース類は、お店によっても辛さの度合いが異なります。また、一見辛くなさそうな緑色のサルサ・ベルデがものすごく辛かった、なんてことも。辛さにあまり耐性が無い人は、ソースをかける前には少し取って味見してみることをおススメします。

タコスの種類は∞(無限大)!一部メニューを紹介

タコスに乗せる具材は自由!牛肉、豚肉、鶏肉、魚、エビ、タコ、キノコ、野菜、フルーツなど様々です。その組み合わせは無限大と言っても良いでしょう。ごくごく一部ではありますが、メキシコのタコスメニューをご紹介します!

  • タコス・アル・パストル(Tacos al Pastor)

    • メキシコのタコス定番メニュー「タコス・アル・パストル」。スパイシーな味付けのジューシーな豚肉に、甘酸っぱいパイナップルをオン!玉ねぎのみじん切りとコリアンダーをかけて頂きます。
    • このメニュー、実はメキシコとアラブの食文化が融合しています。 1960年代、多くのアラブ系移民がメキシコへ移り住みました。その際に持ち込まれたのがドネルケバブ。香辛料でマリネした肉を重ねて串刺しにし、回転させながらあぶり焼き、焼きあがった表面をそぎ落としていく料理です。 「タコス・アル・パストル」は、「羊飼いのタコス」の意味で、アラブの遊牧民を意識したネーミングとなっています。ドネルケバブには元々は羊肉が使われていましたが、メキシコのタコス屋が、イスラム教では禁止されている豚肉を用い、アクセントのパイナップルを足して現在の「タコス・アル・パストル」を生み出しました。
  • タコス・デ・マリスコス(Tacos de Mariscos)

    • 海鮮タコスの具材といえば、白身魚(Pescado Blanco ペスカド・ブランコ)やエビ(Camarón カマロン)のフリット、焼きダコ(Pulpo a la Brasa プルポ・ア・ラ・ブラサ)など。豚肉や牛肉より淡白な味わいのため、チーズやマヨネーズなどの濃厚なトッピングがよく合います。
    • 以前はメキシコの沿岸部で食べられていた海鮮のタコス。昨今は人気が高まり、内陸の都市でも海鮮タコスを提供するレストランが多く展開しています。
  • タコス・デ・チャンピニョネス(Tacos de Champiñones)

    • ベジ系タコスの代表格といえばコレ、マッシュルームのタコスです。マッシュルームならではのコリコリした食感と独特の風味がトルティージャによく合います。特にチーズと相性が良く、とろけるチーズも焼きチーズもいずれでもぴったり!

ぜひ色々なタコスを試して、お気に入りのタコスを見つけてみてくださいね!


今回のノートは奥深いタコスの世界のほ〜んの一部。美味しく楽しくタコスの世界を深めもらえると嬉しいです!

クリックすると拡大できます

【図解】これがメキシコのタコスだ!: クリックすると拡大できます

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Expedia Japan【エクスペディア】ダイナミック海外ツアー★ツアー通常バナー★

関連記事

ページ上部へ戻る